序 章 マティーニの記憶

1/5
736人が本棚に入れています
本棚に追加
/320ページ

序 章 マティーニの記憶

 好きでいて、いいですか。  迷惑はかけません    ずっと言えなかった想いを、  あの人は無言で抱きしめてくれた――― 1985a923-362e-4304-9212-623225fb72da 「すみません。店を開けるまでは、ここを喫煙所代わりに使うの、控えていただけませんか」  丁寧な言葉遣いながら、やや尖った声が背後から聞こえた。()()は、はっと息をのみ、体を硬直させた。肩よりやや長い黒髪が、かすかに揺れた。  眼下に、鮮やかなイルミネーションに彩られた街並みが広がっていた。縦横無尽に走る幹線道路は車のライトで埋め尽くされ、十五階建てのビルの屋上からは、それらが金色に光るビーズを繋いだネックレスのように見える。  一方、西のほうにわずかに夕焼けの色を残す空には、眩い光にあふれた地上とは対照的に、猫の爪のように細い三日月だけが、ぼんやりと浮かんでいた。雲が出ているわけでもないのに星がほとんど見えないのは、どこの大都会でも同じだ。 「マスター、また鍵かけ忘れて帰ってったのかな。いつか客が落ちるって、いつも言ってるのに……」  若い男の声が、ぶつぶつと小言を並べながら美紗に近づいてきた。薄暗くなった冷たい屋上に、靴音がやけに大きく響く。  美紗は、こわばった手を無理やり白い柵から放すと、ぎこちなく声のするほうへ振り向いた。おびえた色を浮かべた黒い瞳が、人の姿を探して暗がりを凝視した。
/320ページ

最初のコメントを投稿しよう!