side K

36/38
2910人が本棚に入れています
本棚に追加
/38ページ
「っ……」 間髪入れず、私は顔を俯けて南条さんの手から逃れていた。 下へ向けた顔に熱がどんどん溜まっていく。 夢の中でキスされたことを思い出した。 手を握られた熱さを思い出した。 ペンを走らせるくすぐったさを思い出した。 夢なのに。 夢のはずなのに。 恥ずかしさと緊張がピークに達し、顔を上げることができない。 こんな真っ赤なのぼせ上がった顔、見せるわけにはいかない。 「小宮さん」 「あの……ホントに……大丈夫です、ので」 あの窓際に座ってる女性二人組、こっちを見てクスクス笑ってる。 私と南条さんのアンバランスさを、私の挙動不審で滑稽なさまを笑っている。 あの奥の席のカップルもだ。 身分不相応の王子に情けをかけてもらっている庶民の図に、憐れだなって同情してるんだ。
/38ページ

最初のコメントを投稿しよう!