side K

16/22
2808人が本棚に入れています
本棚に追加
/22ページ
「それでは……」 「……」 気付けば、踵を返そうとした南条さんのコートの端を握っていた。 自分の行動に自分自身が驚き、狼狽のあまり言葉がなにも出てこない。 「……」 「……」 「…………あの」 「はい」 どう言えばいいんだろう。 私の貧相な脳内検索では、スマートなワードなんて全然ヒットしてくれない。 これはもう、スマートは諦めて、ストレートにシフトチェンジか。 いや、でも、あぁ……。うぅ…………えぇいっ! 「も、もったいないですっ!」 「……もったいない?」 「……せっかく、久しぶりにふ、ふたりに……なれた、のに、もう帰ってしまうのは…………もったいない……っていうか」
/22ページ

最初のコメントを投稿しよう!