2.日常

5/9
123人が本棚に入れています
本棚に追加
/125ページ
「なんであなたなんかと一緒に行かなければならないのですか」 「知るか、勇司にでも聞いてくれ」 「なぜ勇司様はあなたのような人間に構うのでしょうねえ・・・」 「それも勇司に聞いてくれ」 嫌われたものだ、と彼方は思う。勇司が彼女らを攻略するときには何かと勇司に手を貸していたものだが、どうしてこうも牙をむかれるものなのだろうか。 「まあまあ、そういわないでよ。僕にとって彼方は一番の友達なんだからさ」 「む、勇司がそういうのなら仕方がないな。おい坂神、勇司と登校することを生徒会長である私が特別に許可してやるぞ」 「あっざーす」 俺は一人で行きたいよ、とは言わずに適当にながしておく。これ以上何かを言い返そうものなら確実に面倒くさいことになるだろう。 いつも通りの光景だ。 とにもかくにもこうして姦しい声が飛び交い、彼らの朝の「登校イベント」は終了した。
/125ページ

最初のコメントを投稿しよう!