第二章「因果の花」四話「花と知る」

1/9
287人が本棚に入れています
本棚に追加
/230ページ

第二章「因果の花」四話「花と知る」

 敵の眼から隠れるために、僕は変化の術で木箱に化けていたのです。  そのなかに常さんを匿いながら、敵が来たときのために準備していました。  店主様が考えた策通りに、敵が油断するのを待っていたのです。 「シロちゃん、お願い!」  常さんの叫びに応じて、僕は再び変化の術を使いました。 「ぬぬうっ!?」  黒い狒々が呻きました。なぜならば、その眼には常さんが二人映っているはずだからです。 「ぬおおぉ──っ!?」  その呻きが驚愕に変わり、狒々は錯乱したように辺りを見回しました。 「これがわたしの能力、グラムサイト(月光眼)よ」  それはエルフの魔力で、実際とは違うモノを相手に見せる能力でした。月をグラムルと呼び、エルフの魔力は満月を浴びて強大となります。  敵が満月の夜を選んだのは、まさに自ら墓穴を掘った愚行だったのです。  敵は無数の常さんの幻を見て、どれが本物なのか混乱していました。  これが店主様の言っていた秘すれば花、常さんが隠しもった敵を圧倒する力なのです。 「雄々っ──!! ちょこざいなエルフめっ」  狒々が滅茶苦茶に腕を振り回し、無数に見える幻を薙ぎ払っています。
/230ページ

最初のコメントを投稿しよう!