-(*'v'*)ノ {welcome!-

54/86
9人が本棚に入れています
本棚に追加
/88ページ
🌸 「月の兎」 夜の帷を静かに抱いて三五月(さんごのつき)が ほうわり 輝く 色なき風に頬を撫でられ 我は一人 月を見上げる 月の兎を想いながら 心細さに染められて 目を紅くして泣かぬかと 寂しがり屋の兎を想い 届かぬ事と知りつつも 月へとそっと手を伸ばす 月の兎が戻れる場所を かよわき我も護れる様に 月から全てを見守りながら 兎は何を想うのか
/88ページ

最初のコメントを投稿しよう!