◆思い出の修学旅行◆ #2

1/9
516人が本棚に入れています
本棚に追加
/35ページ

◆思い出の修学旅行◆ #2

数週間後、私と先生の関係は良かったのか悪かったのか、いつも通りに戻っていた。 「あいざわぁ!  なんだよこのプリント! 誤字脱字ばっかじゃねぇか!」 「ウソっ! あ……本当だ」 「本当だ、じゃねぇよ! お前はこんな簡単なこともできないのか!」 「なっ……! 梁取先生が忘れてたプリント、突然締切10分前に押し付けられて、慌てて作ったら、そりゃミスりますよ! ていうか元々これ、梁取先生の仕事じゃないですか! なんでいつも私が雑用押し付けられなきゃいけないんですか! 私だって忙しいんですっ!」 「お前は新人のくせにだな~……」 睨み合う二人。 目線からは火花が飛び散っているようだった。 「まあまあ、ちわ喧嘩はこのくらいにして……」 体育の河本先生が言い争いを止めるために私たちの間に入ると、 「ちわ喧嘩じゃありませんっ!」 「ちわ喧嘩じゃねぇ~!」 逆に私たちの逆鱗に触れるのだった。 良かれと思って私たちの間に入った河本先生。 怒られてとっても不服そうだった。
/35ページ

最初のコメントを投稿しよう!