Sugar-free /uninterested

9/13
1184人が本棚に入れています
本棚に追加
/398ページ
「聞いた―…って、何を?」 そう聞き返しながら、愛実を見ると、 やっぱり表情はニタついちゃってる…… 「何をって、帰宅中に引き止められて愛の告白を受ける愛果ちゃんのハ・ナ・シ」 「……誰に聞いたの?」 「私と同じクラスのコが目撃しちゃってて、早速携帯に報告の連絡が来ちゃった」 「……」 そんな連絡、わざわざ入れて来なくてもいいのに…… 思わず呆れちゃう。 そんな私に、 「たまには付き合ってみればいいのに」 と、愛実は軽く言う。 「やめて、絶対に無理」 「それは知ってるけどぉ~…あっ、ねぇねぇ、今日告ってきた男子って、工業高校の生徒だったんでしょ!?」 「そうだったっけ……?」 「そうだったっけ?って―…出た、無関心。報告メールによるとなかなかルックスも良かったとかで」 「さぁ―…もう顔も忘れた」 「うわぁ~…さすが愛果だね……」 何だか、いかにも私の発言に引いちゃってる感じで愛実は言ってくる。
/398ページ

最初のコメントを投稿しよう!