16/35
2161人が本棚に入れています
本棚に追加
/35ページ
 2階がライトグレー、1階がダークグレー、屋根とドアは黒に配色された、わりとモダンな2階建てアパートの1階が、礼音の住まいだった。  美姫は目配せして、久美にチャイムを押させた。緊張して指が僅かに震えているのが可愛い……と、美姫は心の中で微笑んだ。  暫くして、ガチャッという扉を開ける音とともに、礼音が迎え入れてくれた。  「メリークリスマース!!って、早すぎ?」  「早すぎだよー。まだ全然そんな感じしないもんっ」  笑って対応する美姫に対して、久美はガチガチに緊張していた。  ちょっ…いつもと違う!く、久美ーっ、しっかり!  礼音は「さ、入って……」と、美姫の背中に手を緩く回して家の中へと誘導した。
/35ページ

最初のコメントを投稿しよう!