第八章

111/121
1620人が本棚に入れています
本棚に追加
/831ページ
驚かなかったと言えば嘘になる。 そして、気にならない、 とも言えない自分もいる。 が、それと同時に、 何故いまさら? と思う自分もいた。 聞くとも聞かないとも答えない俺に、 華はジッと黙って返事を待っている。 どうやら、選択肢は俺の手の中にあるらしい… 苦笑い。 『どうぞ、』 と言った俺に、華は朔との出会いから話しはじめた。 『友達のつてで、男の人の集まりに参加させてもらったの…』 ほぉ~ いわゆる合コンってやつだ。 まさかの俺に経験のない出来事を華がしてるとはな… マジで予想外。 なおかつ、合コンと言う不愉快なワードに 思わず、舌打ちしたくなるも……何とか堪え、 俺は、 『それで?』 と続きを促した。
/831ページ

最初のコメントを投稿しよう!