76/76
4622人が本棚に入れています
本棚に追加
/400ページ
「そうそう、ここで見つけた時は幻かと思った」 「それはこっちの台詞です。 疲れと焦りで、ついに幻覚が見えたのかと思いました。 あんな時間に企画部に用事でもあったんですか?」 「あぁ、そうじゃなくて」 浩二は急にデカビタが飲みたくなったと話した。 「企画部の前を通ったら電気がついていて、消し忘れかと覗いたら瑞希さんがいたんだ」 「デカビタ……」 そう呟いた途端、瑞希は急に大きなため息をついた。 そのまま机に肘をついて、両手で額を覆う。 「どうかした?」 なにか様子が変だ。 怪訝に思いつつ尋ねると、瑞希はゆっくり両手を外しながら言った。 「今日、私もデカビタを飲んだんですよ。 聞いてほしいといったのは、それを飲まなきゃいけなくなったいきさつです」
/400ページ

最初のコメントを投稿しよう!