30/64
6590人が本棚に入れています
本棚に追加
/434ページ
 そう思っているのに、素直になれなくてあえてつれなく返す。 「なんだそれ、今と一緒じゃん」 「えっ、ちょっと待ってくださいよ。先輩、俺が鬱陶しいんですか? 嫌いなんですか?」  焦りだした淳にびっくりし、それから思わずくすりと笑みが漏れた。 だって、そこを心配してくれるんだ。  ーーそんなわけないだろ。鬱陶しくないし、嫌ったりしない。むしろその逆なんだから。  答えるのが遅れると、彼はいじけだした。 「いいですよ。俺はめげませんよ。もっと鬱陶しく話しかけることにしますから」 「うわ、それは覚悟しとかないと」    ーー俺の心臓の。  本心を隠した軽口をわざと嫌そうに返すと、淳がまた食いかかってくる。 馬鹿げたやりとりが楽しくて、言ってもらえたことが、冗談でもやっぱり嬉しかった。
/434ページ

最初のコメントを投稿しよう!