第5章 背中合わせの緊縛

1/25
140人が本棚に入れています
本棚に追加
/25ページ

第5章 背中合わせの緊縛

どうして 期待なんてしたんだろう。 「泣いてたのか?こっち向けよ」 「イヤッ……」 可偉人が来るなんて。 どうして思った? 「明かりをつけるぞ」 「やめて下さい……」 「おまえの泣き顔を見るのが好きなんだ」 弱った獲物を弄ぶように 僕を見下ろし笑っていたのは 律だった――。
/25ページ

最初のコメントを投稿しよう!