愛しても、その悪を知り

18/25
540人が本棚に入れています
本棚に追加
/25ページ
―――なんで……なんで? 一層固く握った拳が、震えているのがわかる。 熱くなる手のひらに熱を奪われたように、頭からさっと体温が下がって血の気がひいた。 ―――本当に、結婚しちゃうの? だったらなんで、この数週間必死になって私に時間を費やしたの? 「……美優? どした?」 隣にいるたまちゃんが私の異変に気づいて声をかけてくれたけれど、私は思考回路を止めることができなかった。 このままじゃ、みんなに気づかれるのに。
/25ページ

最初のコメントを投稿しよう!