魔法少女カオルの大ピンチ

2/10
271人が本棚に入れています
本棚に追加
/157ページ
 魔法少女カオルは大ピンチだった。 「わあああぁぁぁ」  夜の公園のど真ん中で、カオルは巨大な植物の触手に右足を掴まれ、逆さまに吊るされていた。  肩まであるオレンジがかった黄色のツインテールも、今は逆さまになっていて、フリルがふんだんに盛られたピンク色のスカートは手で押さえずにいるせいで、白いカボチャパンツが丸見えになっていた。  巨大植物は家一軒よりも大きく、下が球根状の形になっており、その上には大きな花が咲いていた。花の中心は大きく口を開け、何でも飲み込んでしまいそうだ。カオルを捕まえている触手は、球根から何十本も生え、カオルを掴んでいない余った触手は、今もカオルの周りをウネウネと動いている。  先ほどまで、触手にグルグルと振り回されていたせいで、カオルは目を回していた。  両手を投げ出し、カオルの上着が少し捲れて、ヘソがチラリと見えている。  カオルが目を回していることをいいことに、植物は触手をカオルの身体中に這わせ始めた。  足首からふくらはぎ、太ももへと這い上がり、触手が一本、二本と増えていく。上着のすそから入り込み、触手がカオルの服の中を這い回る。  カオルの身体は、植物の出す粘液でドロドロになっていた。 「うへぇ。気持ち悪うぅ」  目眩から回復したカオルは、触手から抜け出そうとして暴れるが、触手がさらに増えただけで、解放されることはなかった。
/157ページ

最初のコメントを投稿しよう!