MENU1:砂糖を憎む姉、砂糖を夢見る妹。

4/43
115人が本棚に入れています
本棚に追加
/168ページ
麻美は発症して以来、文句も言わずに病院で食事に関する講習を受け、それをきちんと守り続けている。 だから基本的に味付けの薄い、たんぱくな物ばかりを選んで食事をしていた。 彼女は昔からとにかく穏やかで、いつも笑っていて、どんな時も場を和ませ、そして我慢強い。 双子だけれど、昔から活発だった衣美と性格がまるで違う。 ――もし、発症したのが自分だったら。 衣美は時々それを考えるけれど、自分ならきっと麻美のように受け入れることはできないだろうと、いつも思っていた。  そしてそんなある日。  事件は起こった。
/168ページ

最初のコメントを投稿しよう!