6ノ後、物言わぬ眼に写るもの

1/20
4人が本棚に入れています
本棚に追加
/22ページ

6ノ後、物言わぬ眼に写るもの

「朝に人としての道を悟ることができれば、その晩に死んでも悔いはない」という事が人の道である。人としての努力をすることなくただ死に向かうのは人の道ではない。 (高杉晋作、江戸時代末期の志士、長州藩士)
/22ページ

最初のコメントを投稿しよう!