険しき道

24/56
459人が本棚に入れています
本棚に追加
/416ページ
「大人になった。やっぱり、女優は違うなー…」 半分、眠っているような目で私を見つめる義父は 酔っ払いのくせに、力は強く掴んだ私の腕を離さなかった。 「……………痛いから放して…」 "三井"という 義父の姓にならず、 母の旧姓の"青野"のままのわたし。 何となく嫌だった。 やっぱり 心のどこかで、―――拒絶していた。 「………なんで、お前は、おまえだけは、俺をバカにしているんだ?」 義父は、嫌悪感と微かな恐怖で強張った、私の顔を乱暴に掴んだ。 「父親と思えないか?」 「……!」 酒臭い息が私の顔にかかり 気持ち悪くて、私の顔を掴む手に、思い切り爪を立てた。 「いって!」
/416ページ

最初のコメントを投稿しよう!