第10章 コートの下

1/23
93人が本棚に入れています
本棚に追加
/23ページ

第10章 コートの下

「いやだっ……こんなの着ないっ……!」 「なら裸で行くか?」 胸元のざっくりあいた 女みたいなシースルーシャツ。 鎖の首輪は丸見えだ。 「ほら、下はこれだ」 その下に用意されたのは まるでボンテージのような ぴったり身体に張り付く革のパンツ。 「律お兄様……お願いですから……」 「我儘言えた立場か?」
/23ページ

最初のコメントを投稿しよう!