第10章 コートの下

3/23
93人が本棚に入れています
本棚に追加
/23ページ
氷のような瞳で 僕を見下ろしもう一度手を振り上げる真似をする。 こうなったら最後。 「よし、座れ」 身体は防衛反応として 彼の言うことを聞くようにできている。 僕は言われるがまま 鏡の前の椅子に腰かけた。 「思った通りだ。よく似合う」 おぞましい。 そこに映っているのは 天宮律の専任奴隷。 淫猥なマゾヒスト。 少年男娼そのもの――。
/23ページ

最初のコメントを投稿しよう!