弐:雨雲に覆われし水無月、ナオキ妖しき美少女に再会し仰天す

1/5
5人が本棚に入れています
本棚に追加
/23

弐:雨雲に覆われし水無月、ナオキ妖しき美少女に再会し仰天す

 6月も中旬に入り、本格的に梅雨がやってきた。  今日もジトジトと雨が降る。  ナオキはコウジとヒデの誘いを断り、授業が終わると同時に帰路についた。  麻生美由紀が死んでから2ヶ月が過ぎている。  あれ以来、ナオキはマジック・マッシュルームには手を出していない。  あれは、恐らく、多分、きっと、間違いなく、幻覚だったのだ。  ナオキにはそう思い込む以外になかった。  だが、そんなナオキを嘲笑うように、学校に奇妙な噂が流れ出していた。  第一音楽室で、女生徒の幽霊が夜な夜な『別れの曲』を弾くという。  ほとんどの者は面白半分に噂話に興じているだけだが、面白くない人間が少なくとも3人はいる。  他ならぬナオキとコウジとヒデだ。  だが、コウジとヒデはまだいい。  奴等は押さえてただけだ。 (犯っちゃったのだ、俺は……)  傘を差し、下を向きながらゆっくり歩くナオキを、後ろから3人組の女生徒が追い抜いていく。 「ねえ、知ってる? 例の幽霊、最近、曲が変わったんだって」  女の子達の会話が聞こえてくる。 「あ、それ知ってる。今はモーツァルトなんだってね」 「うん。それですっごい上手いんだって!」  なんだか噂に尾ひれが付いてどんどん広がっていく。 (いい加減にしやがれ!)  ナオキは怒鳴りそうになるのを懸命にこらえた。  ナオキがネットカフェで適当に時間を潰して家に着いたのは午後7時を少し過ぎていた。  母親が用意しておいてくれたカレーを胃に流し込み、さっさと2階の自分の部屋に行く。
/23

最初のコメントを投稿しよう!