感想・レビュー一覧 16件

少女が青年と出会い、そして別れる。 ただその中に、ひとは何故生きるのか、生きることに意味を見つけるのか、そんなヒントが隠されています。 序盤に散りばめられた、ミステリーが読者を引き付け、徐々に解明さ
ネタバレあり
1件6件
僭越ながらレビューさせて頂きます。 物語の構成力が素晴らしく、冒頭から最後まで、物語の世界に入り込んでしまいました。 特にラスト数ページのネタ明かし。まさかそう来るとは……全く気が付けませんでした。
ネタバレあり
1件2件
素敵な素敵なお話でした。 女の子と青年の思い出を巡る物語、ではありませんでした。(ある意味) そういえば、はじめから女の子には家族の影がなく、青年もすごくワケアリな感じで。 ただ、Satoriさんの
ネタバレあり
1件1件
なんとも摩可不思議で、そして温かな世界観。幼くして悲劇に見舞われたヒロインと、それを汲み取って長きに渡り彼女を見守ってきたヒーロー。作中に登場する魔法のアイテムを通して、消え行く前に彼女が本当に欲して
ネタバレあり
3件2件
先ずは、準大賞おめでとうございます! 物語は、とても切なく物悲しいのですが、万華鏡、命や記憶の煌めき、森の中の工房……とてもキラキラしていて、繊細な光を放っている、そんな綺麗で深い物語でした。 読
ネタバレあり
2件2件
準大賞に相応しい、深いお話に感動しました。 風花を取り巻く環境に、違和感を少し覚えつつ、後半に入るまで、それが何か分からなくて。 気になって、一気に読んでしまいました。 素晴らしい作品をありがと
ネタバレあり
1件2件
Satoriさん、『風花』の「子供のころのあの約束」準大賞受賞おめでとうございます~! 叙情に満ち溢れた逸品でした。 万華鏡に魅せられて、いつしか万華鏡の中のような世界に手を引かれて導かれていく風花
4件2件
風花という名前の少女と伊織という名の青年との年月を重ねた交流。きらりと耀く光や色彩、蝉の抜け殻、答案用紙。たくさんの小さな物と時間と空間の積み重ね。煌めく細かな物たちが織り成す世界に心がぎゅっとなりま
ネタバレあり
5件4件
惚れました。 語彙力がなくてうまく言えません。ほんとうに好きです。鳥肌が立ちました。ほかの作品も読みに伺わせて頂きますね。素敵な作品ありがとうございました。作品を通り越して奥の貴方のことなどいろい
2件1件
とても静かに、情緒的に流れていく物語。 “和”の匂いが漂う幻想的な雰囲気に、魅了され続けていました。彩り豊かな情景に、ひたすら酔ってしまって……(ノ´∀`) 主人公の末路はとても悲しいはずなのに、そ
ネタバレあり
3件1件
 少女の名前は風花。その可憐な名前には、もうひとつの意味があるようです。 “晴天時に雪が風に舞うようにちらちらと降ること”  もしも太陽の光が伊織であったならば、その暖かさを受けながらも、ふわふわ
ネタバレあり
7件1件
SSなのにすごく中身のぎゅっと詰まった作品でした。物語としては切ない話しなのですが、読了後はなんとも胸にジーンとくるものがあります。 万華鏡。子供の頃、私もその幻想的な世界に魅せられて何度も何度もく
11件1件
。・゜・(/Д`)・゜・。 イイハナシダナー! まるで "万華鏡" のように綺麗な文体で綴られる読みやすいショート。 幽霊はドロドロ、ゾクゾクのホラーが主食ですが こういった感動系も良いですねぇ。 切
ネタバレあり
3件1件
サトリ様は万華鏡のようにキラキラ光るいろんな世界を切り取って、魅せてくれるお方。 今回は何と、和風なファンタジーでとっても驚きました!とても好きです! 描写はもちろん卓越ですが、先が読めない展開、
ネタバレあり
10件2件
こんなに切なくて温かい、キラキラした読後感は、久しぶりです。 この文字数の中に、風花の人生と、彼女を包み込んで見守る人の愛情や思慮、が、ぎゅっと詰め込まれていて、本当に長編のドラマを見ているようでした
ネタバレあり
11件1件
三行から参加できる 超・妄想コンテスト 第14回「子供の頃のあの約束」という公式イベントに向けた短編小説ですね。 公式イベ挑戦というだけでなく、この小説の表紙を飾っているイラスト作品に惚れこんで、著
19件2件

/1ページ

16件