カタストロフィーは突然に

昨日までの日常が突然に消失。思いもよらない出来事がボクの頭上で始まった。

赤松帝

SF 休載中
25分 (14,980文字)

34 425

あらすじ

巨大なキノコ雲が頭上に湧き上がると、雲海を突き抜けてきた数機の航空機が墜落し、空中で停止した。 車や貨物船、列車など、鋼鉄の物質が次々と引き寄せられていく。なす術なき人々は、蟻のように逃げ惑う。 世界

感想・レビュー 1

食いしん坊なあたしは、上の人達のお腹が心配になる~~。

この作者の作品

もっと見る