RIKU 第2章 君が求めた真実

リクの悲壮な過去と、いま再び忍び寄る狂気。玉城はその不穏の正体を追うが……。

lime

1時間8分 (40,641文字)

90 2,348

あらすじ

人とまともに向き合おうとしない青年リク。 美しい容姿を持つこの人気画家リクの取材をすることになったフリーライターの玉城(たまき)は、その青年の背中に酷いキズ痕を見つけた。 その後出会った人物にリクの過

シリーズタグ

感想・レビュー 4

冒頭はほのぼのした展開から始まり、少しずつ謎が伏線として散りばめられてますね。 リクや玉城、長谷川の描写を頭で浮かべる事が出来ながら、微笑ましく読めます。 さて2章の物語の中で、一番の見どころは長谷
ネタバレあり
2件2件
第一章でリクに教えられ、助けられた玉城が今作は抜群の安心感安定感を誇っています。そのせいか、前よりもやや明るい雰囲気を持っているように思われます(どちらの雰囲気も好きです♪)そしてまだまだミステリアス
ネタバレあり
1件3件
人は臆病なものであり、罪悪感があればあるほど猜疑心や思い込みが強くなる。 罪を犯した者の中で、こういった人間らしさがあるからこそ、再び、その罪を隠そうと同じ罪を重ねようとする。 これこそが負の連鎖
ネタバレあり
2件1件
もっと見る

この作者の作品

もっと見る