戦闘・麒麟

3/42
31人が本棚に入れています
本棚に追加
/42ページ
《野獣》は彼女を仕留め損なったと見るや、素早く上空へ跳躍し 【代理】と呼ばれた眼鏡の若い男に襲い掛かる。 【代理】は黒いコートの懐から一振りの木刀を取り出す。 そしてためらうことなく目にも留まらぬ速さで上空へ突き上げた。 その瞬間、漆黒の闇に夜空へ向かって閃光が走る。 『いッ……!たいッ!』 《野獣》はくぐもった声で人間のような言葉を発すると土埃を立てて地上に倒れる。 木刀で腹を突かれた 《野獣》は しばらく呻いていたが、やがて鈍い唸り声を最後に動かなくなった。
/42ページ

最初のコメントを投稿しよう!