第7章:開いた小箱

24/40
830人が本棚に入れています
本棚に追加
/207ページ
「何か都合悪かった?」 「や、そんな、ことは」 「台詞と表情が合ってないよ」  珍しい。  私がさっき泣いた時に見せた戸惑いとはまた違う顔だ。 「……開けた?」 「ううん」 「……返しに、きたとか」 「そんなわけないでしょ。さっきまでの話聞いてた?」 「聞いてた」 「だからつまり……前向きに考えようと思ったから、一緒に開けたいと思って」  途端にぬくもりに包まれる。  悠貴が思いきり私を抱きすくめていて、それは予想していなかったので反応に困った。 「あの、悠貴さん?」 「……一緒に開けんの」 「え、うん……だめ?」 「だめじゃない。だめじゃないんだけど」  ごにょごにょ言う悠貴は珍しい。  やはりああいうものは渡された私ひとりで開けるべきだったのだろうか。  失敗した?  肩に、腰に回る腕の力が強まった。
/207ページ

最初のコメントを投稿しよう!