ダレカナカレダ
全1/1エピソード・完結
1/15

ダレカナカレダ

 ――ねえ、思い出したよ。  君の本当の名前。 ダレカナカレダ  朝、目が覚めたら、窓の外が大洪水だった。  水位は既にビルの屋上にまで届いていて、窓の外はまるでアクアリウムのよう。  逃げなくちゃ。あせって窓を開けた。  当然ながら水が入ってきて、あっという間に水と空気が選手交代。  ぼくの隣を大きなマグロが通り過ぎた。 「これからは人間と選手交代して、魚がこの世を支配しますので。よろしく」  なんて面白くない冗談だろう。水の中をふわふわと浮きながら、ぼくは呟いた。 「ああ、最悪だ……この世の終わりだ……」
1/15