第八章 #2

1/3
334人が本棚に入れています
本棚に追加
/35ページ

第八章 #2

意を決したのはそれから一週間後。 仕事を定時で切り上げ身支度を済ませた俺に、宮我は化け物でも見たような表情を浮かべ言った。 「珍しっ……。どういう心境の変化……?あっ……、まさか……」 「家に帰るだけだ。お前は業務処理頑張れよ?サボった分……たまってんだろうからな」 「ああっ……もう、わかってるっつの!!」 宮我は那緒の職場の人間、きいという女との交際をスタートしたと自慢気に話していた。 心底惚れているのだろう事は、宮我の丸くなった表情、仕事にも身が入らない……といった様子から嫌という程伝わって来る。 初めて他人を羨ましいと感じた。 素直で、恥ずかしい位がむしゃらだ。 「っ……何、笑ってんだよ……さっさと、帰れ!!」 「はいはい」 嫌味だったつもりは無かった。けれど、不意に溢れた笑みは宮我の目に不快に映ったらしい。
/35ページ

最初のコメントを投稿しよう!