第十三章 #2

1/4
248人が本棚に入れています
本棚に追加
/35ページ

第十三章 #2

低い声が耳元で囁く。 言い終わるか終わらないかのタイミングで、クチュ……卑猥な音をたてながら、彼の舌先が耳の内側を舐める。 同時進行で太ももの内側を支えられ……、全身にゾクゾクとした痺れが走った。 「藤真っ……、待ってっ……待ってよ……」 コロンっと簡単に仰向けにされた私は、熱に犯されたように火照る藤真の瞳を正面に捉えた瞬間……、息を飲んだ。 私を見下ろすその表情が…… 以前とは違って見えたから……。 頭の後ろに回された彼の手のひら。私の髪に指を絡ませたまま、その距離をゆっくりと近付ける。 だって……、 こんなの……まるで…… 「……ま、待ってって……言ってるでしょ!?」 「っ……!?」 唇が重なる寸前の所で、彼の口を両手で覆う。 藤真は思ってもみなかった事態だったのか、その目を真ん丸と見開いた。
/35ページ

最初のコメントを投稿しよう!