第十八章 #2

1/1
207人が本棚に入れています
本棚に追加
/35ページ

第十八章 #2

屈辱に耐え兼ね、顔を逸らした私を藤真は許さなかった。 片手で頬を潰すようにして私の顔を掴み、グググっ……と、手に力を込めて正面を向かせる。 ……嘲笑を浮かべる彼が、涙で歪む。 「……その顔、すっげぇ可愛い……」 「っ…………!?」 感情を煽られたように、フェロモン全開の藤真が熱っぽい息を吐いた。 壊れてる、狂ってる、ネジが一本足りないの? どうしてこの状況で…… そんな言葉が出るのかがわからない。 「明日もあるし一回で終わらそうと思ったけど……、これじゃ無理かもな」 「……やっ……!?あっ……」 振り落とされないよう必死にしがみつき、不定期に漏れる私の声は我慢を知らない。 全ての思考を止める快楽に……、今日も溺れる。
/35ページ

最初のコメントを投稿しよう!