プロローグ

1/1
31人が本棚に入れています
本棚に追加
/1

プロローグ

――この世界には、怖い事があり過ぎる。 「あら、ミツヒデ。貴方は軟禁小屋から出てきてはいけないのではなかったかしら?」 唯一心許せた異性の相手。幼馴染の女の子が紅い月を描いている。その手を血で真っ赤に染めて、彼女は嗤っていた。 ――だから壊してしまおう、と。 「せっかく貴方に素敵なプレゼントをあげようと準備していたのに、これでは台無しじゃない」 死屍累々。赤い絨毯の上を悠々と歩いて、幼さの残る彼女はまた一つ声を奪った。 ――それは確かに、悪夢だった。 「なるべくこの方法は取りたくなかったのだけれど、もう、貴方もこうするしかないのかしら」 確かにあった、悪夢だった。 「大丈夫よ。痛まないようにするわ。それに、貴方が寂しくならないように私もすぐに後を追ってあげるから」 俺達はまだ、優しい夢を見続けている。
/1

最初のコメントを投稿しよう!