Act.1

14/36
15615人が本棚に入れています
本棚に追加
/41ページ
「大変失礼致しました。 まぁ大所帯の会社なので中にはああいったアウトローな社員もおりまして」 申し訳なさそうに頭を下げた吉岡さんに私も苦笑いしながら首を降る。 「個性豊かでいいんじゃないでしょうか」 「そう言って頂けると幸いです」 しかし二日酔いで出勤しても許されるなんて、正社員の強みなのか余程仕事が出来るのか。 どちらにせよさっきの男は私が最も嫌いなタイプだ。 派遣で生きる私にしてみたら、そういうだらしない社員は不愉快極まりない。 正社員という安定した地位でぬくぬくしながら私達派遣を見下す人間だって中にはいたりする。 今の時代、どれほど派遣社員に日本の産業が支えられているのか分かっていないんだ。
/41ページ

最初のコメントを投稿しよう!