控え室

26/26
845人が本棚に入れています
本棚に追加
/39ページ
コンコンッ…… ノック音とともに入ってきたのは、式場のプランナーさん。 「そろそろいいですか?」 もうそんな時間なんだ。 「はい」 航くんと柑那ちゃんが出ていって、あたしもプランナーさんについていこうとすると、蓮にグイッと腕を引っ張られて。 「んっ」 勢いもあってか、ぶつかり合うように唇が重なる。 「紗羽、一生の思い出に残るような、素敵な結婚式にしような」 蓮はそう言ったけれど、あたしは蓮が隣にいてくれるだけで満足。 だからどんな式でも素敵な結婚式になるよ。 「うん!」 蓮にそう返事をして、またキスをかわした──
/39ページ

最初のコメントを投稿しよう!