最後の日

2/2
2人が本棚に入れています
本棚に追加
/2ページ
「これで皆とお別れだね。皆の最後は忘れないよ。これで……。これで……。皆から解放される。ずっとずっと虐められて、最低な高校生活だった。でも、それも今日で終わり」  女生徒の目に涙が滲む。 「私はここを卒業して、自由になるの。フフフ。皆は最後の日になるけど、私にとっては最初の日になる。さよなら。永遠にさよなら。じゃあね」  そう言って、女生徒は黒板の前をあとにする。  ガラリと教室のドアを開け、女生徒は教室を出ていった。  誰もいなくなったその場所で、動く生き物は何もいない。  動くのは黒板に描かれたイラストの瞳から、ドロリと流れる赤い液体。  そして、教室中に倒れること切れた生徒たちの身体から流れる、大量の血だけだった。 end
/2ページ

最初のコメントを投稿しよう!