家族の残像

記憶を失った俺に、いきなり家族と言われましても――――

藤白 圭

ホラー 完結
9分 (4,998文字)

40 914

あらすじ

第十九回妄想コンテスト応募作品/_ofcl_evt_outline?e=146752 「記憶喪失の僕(私)の前に現れた人」 【概要】 病室で目を覚ました俺には記憶がない。 そんな俺を

目次 1エピソード

感想・レビュー 10

優秀賞おめでとうございます(^-^) スラッと読みやすく面白かったです。 記憶が無くなる男の物語が ドラマにもなり、小説にも ありましたが←タイトル何だっけ? あれは最後はハッピーエンド。 カサイ
ネタバレあり
1件1件
快さん 超・妄想コンテスト 『記憶喪失の僕(私)の前に現れた人』 入賞作品賞 おめでとうございます! 手間隙かけて、何でこんな事したんだろ? この人達・・・って思ってしまった。 復
3件
優秀作品おめでとうございます。 上手にレビューできないかもしれないですが、ご容赦ください… この作品に足を踏み入れた時感じたのは、原色の世界。 脳裏に焼きつくような色の世界観です。 読み終わった
ネタバレあり
2件1件
もっと見る

この作者の作品

もっと見る