エピローグ

7/8
282人が本棚に入れています
本棚に追加
/194ページ
「ひ、ひ、ひどいっス! あんまりっス! 先輩は私のものなのにぃ!」 「……いつお前のものになった。というか。そういえばお前、よくも俺を騙してくれたな!」  睨む俺に、ペコリと頭を下げるマツリ。 「あ。すんませんっス。だって、ラブモン先輩を捕えればいつでも会いにいけるし……」 「怖っ! お前が一番怖いわっ」  エメロは上官命令で従わせたと言っていたが、むしろ積極的じゃねえか。 「……………………ん、今俺のこと何つった?」  ふとマツリの台詞に違和感を覚える。  そういえば。組織には陰で俺のことをラブリーモンスターとか呼んでいる奴がいるらしいが。 「てめえかぁぁぁぁぁぁ!」 「ひいいいっ! だって可愛いんスもんっ! ごめんなさいっスぅぅぅぅ!」  慌てて病室を飛び出るマツリ。後を追って息の根を止めようとしたが、胸の辺りがズキズキと痛んで起き上がれない。まだ怪我が治っていないようだ。 「……ったく。ニュースが多すぎて、逆に混乱するぜ。それで全部か?」  痛む箇所を押さえながら俺が言うと、エメロは呆れたように溜め息をついた。 「……いや。一番でかいニュースがある。目覚めたばかりとはいえ、とっくに気づいていると思ったんだがな……気づいてないようだから、教えてやろう。おい、入ってくれ」  そう言うと、エメロは眼鏡のつるを片手で持ち上げながら、ドアの付近に目をやった。
/194ページ

最初のコメントを投稿しよう!