聖域にて

超科学を実現した夢の島へ、軍の反乱に巻き込まれた青年が真実を求め向かう冒険小説。

浅茅コウ

3時間54分 (140,091文字)

20 12

あらすじ

かつて祖父は『聖域冒険記』という超科学の島にまつわる空想小説を書き、その名を知らしめた。 ラルフがおとぎ話だと思っていたその島は、実在しているという。 今わの際の祖父に秘密を託されていたラルフを待って

タグ

目次 1エピソード

感想・レビュー 0

感想・レビューはまだありません

この作者の作品