記憶銀行

13/18
13人が本棚に入れています
本棚に追加
/18ページ
目が覚めると、私は記憶を失っていました。『目が覚めると』とは言っても、眠っていたわけではないらしく、どこか小奇麗な施設のロビー前で立ち尽くしていたようです。 何故こんなところで記憶を失っているのでしょう。見当もつきません。 「お客様、記憶はなくなりましたか?」 カウンターらしき机を挟んで、ニコニコとほほ笑む男性が話しかけてきました。外見はとても爽やかなのですが、なぜか全身に鳥肌が立ってしまいます。 ところで彼は今、とても大事なことを二つ言った気がします。『お客様』、私はこの施設の利用者なのでしょうか。 そして、もっと重要なのが『記憶はなくなりましたか?』という言葉です。何故私が記憶喪失になったことを知っているのでしょう。尋ねずにはいられません。 「つかぬ事をお伺いしますが、ここはどこですか? 私は誰なのでしょう?」 爽やかすぎて逆に怪しいその人は、より一層とにこにこしてから、頭を小さくぺこりと下げました。 「申し訳ございません。ご説明が遅れてしまったことをここに謝罪させていただきます」 その笑顔からは、謝罪の心などスズメの涙ほども感じられませんでした。まったく、私が短気な人ならば、スズメのようにチュンチュン喚き散らしていたことでしょう。 「この施設は『キオクギンコウ』でございます。お客様は当行に、記憶をお預けになったのです」 「『キオクギンコウ』? 聞いたこともありません」 私は腕を組みました。 「いっ……!」 腕を組んだその瞬間、右腕に得体の知れない痛みが走りました。袖を捲ると、そこには大きな青あざができていました。何が起こったらこんなところにあざができるのでしょう。 「……どうかなさいましたか?」 「いえ、何でもありません」 「左様でございますか……。それでは、当行についてご説明させていただきます」
/18ページ

最初のコメントを投稿しよう!