Act.12

16/36
291人が本棚に入れています
本棚に追加
/36ページ
「気を付けて帰って」 「……はい」 何故彼が私を抱きしめたのかは分からない。 だけどドアを閉じた車の窓ガラスの向こうにあるのは、真尋さんの車にあった写真と同じ彼の笑顔だった。 「……笑った……」 思わず呟いてしまった私にやんわりと微笑みながら頷いた彼は、自分のトラックへと乗り込んでエンジンを掛けた。 本音を言えば彼にどうして私を抱きしめたのかを聞きたいけれど、彼はこれから横浜に向かって走らなくてはならない。
/36ページ

最初のコメントを投稿しよう!