Act.25 Side Yamato

25/39
300人が本棚に入れています
本棚に追加
/39ページ
誠也も章吾の容態が気になって仕方ないであろうことは分かりきっている。 タップした画面が呼び出し中へと切り替わり、やがて電話から聴こえた誠也の声はどこか気まずそうな雰囲気を醸し出していた。 きっとすぐ近くに阿部遥香がいるのだろう。 しかしもう、それを俺も誠也も隠す意味なんてないと思った。 俺達は長い時間の空白を経ても……。 ────ずっと親友だ。 そんな想いを胸に電話の向こうの誠也に言った。 「お疲れ。もう仕事終わった?」 「ええ……。今俺も彼女も仕事を終えて事務所です」 「そう。これからこっちに来られる?」 「…………」 「阿部さんと一緒に誠也もこっちに来て欲しい」
/39ページ

最初のコメントを投稿しよう!