サムシングブルー

76/76
336人が本棚に入れています
本棚に追加
/78ページ
 ポートレートの前に立つ俺にしばらくして、 「勇斗」  振り返ると少し息を弾ませた美幸の姿。 「郷田さんが皆で乾杯をするから降りてきてって」  スマホの強奪には失敗したんだろう。だけど良いよ。俺たちの幸せをみんなにも知ってもらえばいい。 「勇斗?」 「ああ、行くよ、美幸」  俺は美幸に近寄って手を繋ぐ。美幸は驚いたけれど、それをほどこうとはしなかった。  階段を下りようとしたとき、 「美幸」  美幸が俺を見上げる。柔らかくそのきれいな顔に笑いかけると、 「愛しているよ」  サムシングブルーで飾られた美幸の頬がほんのりと赤く染まった。  その表情をフレームに収めて、俺は心の中のシャッターを押した。
/78ページ

最初のコメントを投稿しよう!