修学旅行

5/40
219人が本棚に入れています
本棚に追加
/297ページ
リフトで上まで上がると、さっきまで文句を言っていた旬も、ちゃっかりついて来ている。 「何だよオマエ。もうスノボはしないんじゃなかったのかよ?」 「え?」 「だってさっき、ホテルに帰ってゲームがしたいって言ってたじゃん」 「いや、そりゃそうだけど」 「俺は彼女たちの指導をするから、悪いけど一緒には滑れないぞ」 ちょっと意地が悪いかなぁとは思ったけど、旬だって立派なライバルだ。せっかくのチャンスに足を引っ張られたくない。 「何だよそれ」 「じゃあ下村さんと、えーと……」 旬を無視して朋佳に話しかける。 「香里です。大寺香里。ちなみに私は下村朋佳」 「ああ、下村さんは知ってる」 「えっ、そうなの? 一緒のクラスになったことないのに、何だか嬉しいなぁ」 (マジか!) 女の子と会話をしたことがないから良く分からないけど、自分に好意を持ってくれているような気がする。 それとも、女の子ってこういうものなのだろうか? もしそうなら、勘違い男っていうことで恥ずかしい。 翔馬にとって身近な女性といえば、45歳の母親とまだ小学生の妹くらいだから、そのあたりもよく分からなかった。
/297ページ

最初のコメントを投稿しよう!