斜陽の国のルスダン

【文フリ札幌え-22銅のケトル社】中世グルジアの女王ルスダンの人生を描く歴史小説

並木陽

9分 (5,098文字)

4 2

あらすじ

果たして彼女は淫蕩なる傾国の美女か、 英邁なるヨーロッパの防衛者か―― 13世紀、グルジア王国はヨーロッパで初めて「モンゴルの禍」に接触した。 西方諸国へ援軍を求めても応える者はなく、 モンゴルとホ

タグ

シリーズタグ

感想・レビュー 0

感想・レビューはまだありません

この作者の作品