口笛は呼んでしまう

7/20
824人が本棚に入れています
本棚に追加
/431ページ
口笛を吹きながら、黒豆書店の前を通るのは緊張する。 どうにかおじいさんには気づかれなかった。 どこにいるんだ。ゴザ。 キョロキョロしていたら、ビルの地下店舗へ行くための階段からひょっこり、三角のピンとした耳が見えた。 「ゴザ! こんなところに。おいで」 「んなあうー。んー」 ゴザは甘えた声を出して、僕の足元で八の字を描きながら、頭を押し付けてきた。 「ゴザ、分かったよ分かったから早く、華鈴のとこ行こう?」 ゴザを抱き上げようとしゃがんだ瞬間だった。 .
/431ページ

最初のコメントを投稿しよう!