花の色は

10/25
491人が本棚に入れています
本棚に追加
/498ページ
もし、大誠さんがあき姉の彼氏だったら、私は略奪愛をしてしまうことになる。 (略奪できるかどうかは別) それは嫌だ。 だって、あき姉のことはとても好きだし。 「あのさ、早百合」 「何?」 「あいつ、いとこだから」 「へ?」 いとこ! まさかの肉親ネタ!? 少女漫画とかにありがちなパターンね。 彼氏かと思ったら実はお兄ちゃんでしたーえへ、みたいな。 「早百合さあ、さっきから思ってること、全部口に出してるよ?」 あき姉の思い切り呆れたような顔に、私は慌てて自分の口を手でふさぐ。 「もしかして、まさかの一目ぼれなわけ?」 「え、あ、その」
/498ページ

最初のコメントを投稿しよう!