断罪

9/15
182人が本棚に入れています
本棚に追加
/20ページ
「そんなつもりはありませんわ。ただ、5日前なら私には犯行は不可能なのです。それで可笑しくて。」 クスクス笑うリューイに対し、苛立ちを募らせる第1王子。 「5日前、私は所用で学園に居りませんでしたから。外出届けも提出していました。すぐに証明出来ましてよ?」 確固たるアリバイに怯む第1王子。しかし何かを思いつき、反撃に出る。 「外出届けは出ているのであろう。しかし、学園に居なかった証明にはならん。外出したふりをして残ったのであろう?アリバイ工作をするとは、なんたる卑劣さ!」 勝ちを確信した第1王子は、止めを刺すべく詰めに入る。 「本当に外出していたと言い張るのであるならば、何処に行っていたのかを明かしてもらおう。」 「それは………出来ません。」 答えないリューイに益々調子に乗る第1王子。 「だろうな。お前は外出などせず、サザンカの部屋に侵入、盗みを働いたのだから。衛兵、こいつを捕縛せよ!」 兵を呼び寄せた第1王子であったが、それは叶わなかった。 「それには及ばん。皆のもの、控えよ!」
/20ページ

最初のコメントを投稿しよう!