Πの肆

40/44
147人が本棚に入れています
本棚に追加
/350ページ
 謙虚に言っているかのようで、その顔には自分に対してかなり自信があるような表情が浮かんでいるのが見て取れる。  他の二人も、「そんなことないわよ」「あんた、顔も可愛いんだから」とか言いながらも、心の底では舌打ちしているだろうことは、眼つきで分かる。  仲良し三人組とか言いながらも、その中でもカースト制やら、女同士のプライドをかけた戦いが火花を散らしているのを目の当りにし、女ってこえーっと思っているところで、フワリと香るいい匂いが鼻を掠めた。
/350ページ

最初のコメントを投稿しよう!