【それぞれの心】

18/20
1422人が本棚に入れています
本棚に追加
/20ページ
(ミヤサカめ……) いったいどれだけ泣かせれば気が済むんだろう。 画面に落ちた涙が波打って、消去ボタンがうまく押せない。 そのことも含めて、今まで溜めていたことを、ここに全部書き込めたらどれだけいいだろう。 思いのたけを吐き出して、罵って、無理難題を与えて苦しめて。 最後に「許してあげる」と鷹揚に言えればよかった。 でもそれはただの理想で、現実的じゃない。 自分はどうしたって、だれかの身代わりになんてなれないのだから。 場内が暗くなり、映画の予告が始まった。 アクション映画の轟音が耳を突き抜ける。 瑞希はひとつもメッセージを消去できないまま、スマホの電源を落とした。 鞄にしまい、かわりに取り出したハンドタオルで両目を押さえる。 思えば、この映画館でまともに映画を見たことは一度もない。 泣く専用の映画館。瑞希は映画が終わるまで、ひたすら泣き続けた。
/20ページ

最初のコメントを投稿しよう!