ゼロトン

7/18
21人が本棚に入れています
本棚に追加
/18ページ
へんなところで日記がとぎれてしまった。 まあ、しょうがない。 18年越しの念願も叶い、かなりリフレッシュできた気がする。 生まれ変わったような気さえする。大袈裟な言い方かもしれないが、他に例えようもない。 どうしてもなにか土産がほしくて、砂浜の砂を一握り、ポケットにつめて持ち帰ってきた。これぐらいの量であれば、あの妖精達だってゆるしてくれるだろう。 一見すると、塩や砂糖と見間違うほどの白さだ。いや、塩や砂糖よりも、もっと白い、きもちわるいぐらいの白さ。 硝子質のかがやきがないから、白砂ともちがう。白銀の雪じゃなく、白銀の砂とでもいったところか。でも、まったく光らない、ひたすら白だ。 小瓶に詰め、日付をいれ、本棚のてっぺんに飾っておくことにする。 また一つ、物が増えた。 さて、そろそろ眠ろう。あしたから現実にもどろう。 べつに夢見てきたわけじゃないけど。 あすもはやおきだ。 いま、それだけがたしかなこと。
/18ページ

最初のコメントを投稿しよう!