花火が彩る夜に負けられない戦いへ

彼女は今年も、その戦いへと赴く

紫真子

SF 完結
9分 (4,886文字)

13 79

あらすじ

とある町の小さな花火大会。彼女は毎年ここへやってくる。…………祭りの片隅で夜店を営む店主へ、勝負を挑むために。 超・妄想コンテスト第23回「どうしても勝てない相手」準大賞をいただきました。 『5分

感想・レビュー 5

花火大会のある大きなお祭り、そんなお祭りにある屋台ってすっごくすっごく魅力的。 子供であっても大人であっても! そんなお祭りの屋台で繰り広げられる戦い! 最初はなんて面白い、と思いながら読んでい
1件9件
僭越ながらレビューさせて頂きます。 冒頭は真剣に祭りで遊ぶ一風景が浮かび上がりました。 どうしてこの子はそんなに真剣なんだろう? なにか約束でもしてるのかな?デートの約束とか…… ところが中盤から
ネタバレあり
1件1件
ぽぽあっとアカデミーの受賞作品とうかがい、拝読させていただきました。 夏祭り、夜店の風情、そしてヨーヨーの鮮やかな映像が美しく瞼に映ります。 そこからのなにやらワケあり雰囲気を持つ彼女と店主のやり取
ネタバレあり
1件1件
もっと見る